ニュース

2017.11.24

働き方改革の新たな指標「FiNCウェルネスサーベイ」 従業員の健康状態・健康リスクを正確に分析する新機能追加 慶應義塾大学、筑波大学教授、精神科産業医が監修

PDFはこちら


働き方改革の新たな指標「FiNCウェルネスサーベイ」

従業員の健康状態・健康リスクを正確に分析する新機能追加

慶應義塾大学、筑波大学教授、精神科産業医が監修

予防ヘルスケアx AIテクノロジーのヘルステックベンチャー株式会社FiNC(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:溝口勇児、以下「FiNC」)は、働き方改革や健康経営・ウェルネス経営を推進するため、2016年7月より提供している「FiNCウェルネスサーベイ」に個人結果が見られるようになるなどの新機能を追加します。これにより、より速く、正確に従業員の健康状態および健康リスクを分析することが可能となりました。また、メンタル・フィジカル・エンゲージメント[i]の専門家である慶應義塾大学大学院 特任教授 岩本隆氏、筑波大学大学院 スポーツ医学専攻教授 田中喜代次氏、精神科産業医 吉野聡氏を監修者として迎えました。

 

<FiNCウェルネスサーベイ個人結果画面>

img_press_wellness_survey_personal2

(イメージ図)

FiNCウェルネスサーベイは、従業員の心身の健康状態をスコアにして可視化し、課題を分析するツールです。働き方改革や健康経営・ウェルネス経営を推進するために、各企業が様々な施策を行なっていますが、従業員の生産性向上や健康状態の改善方法に悩んでいる企業が多いのが現状です。理由として、下記課題が挙げられます。

〈効果測定に関する課題〉

  1. 効果を測るための適切な指標が分からない
  2. 施策の効果測定が可視化できないため、良し悪しの判断がつかない
  3. 指標を取得するための方法が複数のデータ(問診・ストレスチェック・従業員満足度調査など)にまたがっているため、測定頻度をあげることができず、PDCAがまわしにくい。

 

これらの課題を解決するため、従業員や組織の状態を「フィジカル・メンタル・エンゲージメント」という要素で分解し、各分野の第一人者であり、最新の知見を有する専門家の監修のもと、
「FiNCウェルネスサーベイ」に新たに機能や設問を追加しました。また、これまで人事などの管理者が組織単位でしか見ることができなかったFiNCウェルネスサーベイの結果を、従業員自身が自身の診断結果も閲覧できるようになり、個々の生活習慣の改善アドバイスが直接受けられるようになりました。これにより、従業員は、健康改善のための行動変容がおこしやすくなります。
尚、従業員が負担なく、継続して使いたくなるサービスとするため、FiNCウェルネスサーベイのデザインは、UI/UXのノウハウをもつFiNCのプロフェッショナルで構成されたチームが制作しました。

1

 

 

 

これらによって、企業の健康経営・ウェルネス経営を測るための適切な指標を新たに導き出し、効果を可視化することで、働き方改革や健康経営・ウェルネス経営の取組みを効果的・効率的に行なうことができるようになりました。尚、FiNCウェルネスサーベイは期間中、何度でも受検することができるため、四半期毎など短期間のサイクルでPDCAをまわすことができ、施策の改善に役立てることができます。

img_press_wellness_survey 2

 

【監修】

 ■筑波⼤学⼤学院 スポーツ医学専攻教授 ⽥中喜代次⽒
筑波⼤学⼤学院体育科学研究科修了後、⼤阪市⽴⼤学講師、筑波⼤学体育科学系助教授を経て現在に⾄る。第11回秩⽗宮記念 スポーツ医・科学賞奨励賞を受賞。現在、アメリカスポーツ医学会評議員。⽇本体⼒医学会理事、⽇本健康⽀援学会理事⻑、⽇本肥満学会理事、⽇本肥満治療学会理事、⽇本教育医学会理事なども務める。

 

 ■慶應義塾大学大学院 特任教授 岩本 隆氏
東京大学工学部金属工学科卒業。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)工学・応用科学研究科材料学・材料工学専攻Ph.D.。日本モトローラ株式会社、株式会社ドリームインキュベータ(DI)を経て、2012年より慶應義塾大学大学院経営管理研究科(KBS)特任教授。エンゲージメントの第一人者として、大学や企業にて講演をおこなっている。

 

■精神科産業医 吉野聡氏
筑波大学大学院人間総合科学研究科修了、博士号(医学)を取得。東京都知事部局精神科健康 管理医、医療法人白翔会 浦和神経サナトリウム常勤精神科医師、筑波大学 医学医療系助教を経て   2012年7月より吉野聡産業医事務所代表。精神保健指定医、日本精神神経学会認定精神科専門医、 労働衛生コンサルタント(保健衛生)、日本医師会認定産業医、日本医師会認定健康スポーツ医。

 

■ FiNCウェルネスサーベイについて

FiNCウェルネスサーベイは、従業員の心身の健康を、「フィジカル・メンタル・エンゲージメント」の3つの要因に分解し、それぞれの状態をスコア(数値)にして可視化することで、従業員の心身の健康状態を正確に把握することができるツールです。また、可視化されたリスク要因(生産性低下やメンタルヘルス不調等の要因)を分析し、改善アドバイスも行ないます。2017年6月には、慶應義塾大学大学院 岩本特任教授と共同で約850名の就労者対象「エンゲージメントに関する調査」を行ないました(プレスリリース:https://company.finc.com/news/8851

 

FiNCは、今後も企業の健康経営・ウェルネス経営の実現をサポートし、世界一のウェルネスカンパニーを目指して邁進してまいります。

[i] エンゲージメントとは、「従業員が仕事から活力を得て、仕事に誇りを感じ、いきいきと仕事をしている状態」のことです。

<株式会社FiNCについて>

当社は、「すべての人にパーソナルコーチを…」をミッションに掲げる予防ヘルスケア×AIテクノロジーに特化したヘルステックベンチャーです。社内には医師や薬剤師、栄養士やトレーナー等の予防領域の専門家と、データサイエンティストやエンジニア、遺伝子や生物学などのライフサイエンス領域の研究者で構成されたプロフェッショナル集団です。

 

◆会社名   株式会社 FiNC  URL : https://company.finc.com/
◆所在地   東京都千代田区有楽町1丁目12-1 新有楽町ビル5F
◆設立      2012年4月11日
◆代表者   代表取締役社長 溝口 勇児
◆資本金   2,241百万円
◆従業員数 240名(2017年10月末現在)
〈提供サービスURL〉

 

※記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。
※プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。

 

 

<本件に関する報道関係者のお問い合わせ先>

株式会社FiNC 担当:弓削和美/瀧本裕子

電話:03-6206-3480(代)Mail: pr@finc.com