ニュース

2019.03.07

FiNC大学にて、株式会社FOLIO 代表取締役 CEOの甲斐真一郎氏にご講演いただきました

FiNC大学とは、業界の有識者や著名人をお招きし、講演を通してFiNCメンバー全員で学びを深める場です。
今回は株式会社FOLIO 代表取締役 CEOの甲斐真一郎氏よりご講演いただきました。

創業わずか2年で90億円超の資金調達を実施し、今話題となっている「Fintech」について、経済圏の人々だけでなく生活圏(投資経験がなく、投資興味のある人 約2,000万人)の人々をどう動かすか、また投資をする上でのメリット・デメリット、さらにプロダクトマーケットフィットについてお話いただきました。

本日はお忙しい中、貴重なご講演いただきまして本当にありがとうございました。

【講師プロフィール】
甲斐真一郎氏
京都大学法学部卒。
2006年、ゴールドマン・サックス証券に入社し金利デリバティブトレーディングに従事する。
2010年、バークレイズ証券に転籍しアルゴリズム・金利オプショントレーディングの責任者を兼任する。
2015年11月に同社を退職し株式会社FOLIOを創業。12月より現職。

【FOLIOについて】
国内株を取り扱う独立系証券会社において、約10年ぶりに新規参入し話題となったオンライン証券会社。2018年8月に本格的な事業展開を開始。テーマに投資できるサービスは日本初。2018年11月には、いわゆるロボアドバイザーサービスの「おまかせ投資」をローンチ。テーマ投資やおまかせ投資を”新しい副業”として捉えて始める方が増え始めるなど、業界内外で注目を集めています。
テーマ投資では、「ドローン」や「ガールズトレンド」といったテーマを選ぶだけで、複数の企業に10万円前後で分散投資が可能。それぞれのテーマは、『FOLIO』が選定した10社で構成されており、分散投資することで株価変動リスクを比較的抑えることができ、簡単に資産運用することが可能な次世代型の投資サービスです。
2018年10月には、「LINE」上からテーマ投資を行える『LINEスマート投資』をローンチしました。圧倒的ユーザー数を抱えるスマホアプリから、気軽に投資を行える新しいプラットフォームは、『FOLIO』が展開する次世代型投資サービスを基盤としています。

<ご参考>
株式会社FOLIO
URL:https://corp.folio-sec.com/