FiNCのメンバー

三代表

  • 溝口 勇児

    溝口 勇児

    代表取締役社長 CEO

    高校在学中からトレーナーとして活動。今日までプロ野球選手やプロバスケットボール選手、芸能人等、延べ数百人を超えるトップアスリート及び著名人のカラダ作りに携わる。トレーナーとしてのみならず、業界最年少コンサルタントとして、数多の新規事業の立ち上げに携わりまた数々の業績不振企業の再建を担う。再建を託された企業に関しては、その全てを過去最高業績へと導く。2012年4月にFiNCを創業。一般社団法人アンチエイジング学会理事、日経ビジネス「若手社長が選ぶベスト社長」に選出、「ニッポンの明日を創る30人」に選出。

    COMMENT

    私たちのビジョン。それは「Wellness &Beautyの新しい世界を創り、FiNCに関わるすべての人々の『One’s Precious Life』の成功をサポートする」このビジョンを成し遂げるために、本気で走っている集団が私たちFiNCです。創業当時は霧がかかっていた山も、続々とジョインする仲間のお陰で、今はその姿を捉えられるようになってきました。私たちは自分たちが信じる世界を自分たちの手で創り、世の中の不条理や問題の解決を果たします。 最高のチームとともに、今からはとても想像できない最高の未来を。

  • 乗松 文夫

    乗松 文夫

    代表取締役副社長 CWO
    兼 ウェルネス経営事業本部長

    慶應義塾大学経済学部卒。1973年日本興業銀行入社。審査部、ニューヨーク支店、ボンドチーフディーラー、執行役員個人営業推進部長など多くの部門を経験し、みずほフィナンシャルグループの発足とともにみずほ銀行営業部門担当常務。2003年協和発酵工業に転じ、協和発酵フーズ社長、協和発酵キリン常務を歴任。2009年中堅総合商社ミヤコ化学社長、2012年社会システムデザイン副社長に就任し津波後の東北にて、産業振興、医療ICT連携などのプロジェクト従事。金融、メーカー、商社、シンクタンクなど幅広い業界に通じ、豊富な人脈をもつオールラウンドなマネジメントのプロ。

  • 小泉 泰郎

    小泉 泰郎

    代表取締役副社長 CFO 兼 CIO

    東京大学経済学部経済学科卒。ダートマス大学エイモスタック経営大学院経営学修士取得。1986年に日本興業銀行(現みずほ銀行)に入行。1999年にゴールドマン・サックス証券に入社し、 資本市場本部共同本部長兼公共セクターインフラユーティリティーセクター本部長を務めた。他にも、ISAK発起人、TABLE FOR TWO Internationalアドバイザー、パーソナリティモビリティーを標榜するベンチャー企業Whillのアドバイザー、FC今治のアドバイザリーボード幹事など多方面で活躍。東京大学在学中はサッカー部で副将を務めた。
     


取締役

  • 小高 功嗣

    取締役 CSO 兼 CAO


    1987年4月に弁護士登録し、佐藤・津田法律事務所に入所。シカゴ大学ロー・スクール修士課程修了後、1990年8月ゴールドマン・サックス証券会社に入社し、1998年11月に同社マネージング・ディレクターに、2006年11月にパートナーに就任。2009年11月に西村あさひ法律事務所に入所した後、2011年1月に小高功嗣法律事務所を開業。現在、マネックスグループ株式会社の社外取締役、ジャパン・シニアリビング投資法人の監督委員、LINE株式会社の社外取締役を兼職。

  • 小島 かおり

    取締役 CISO 情報システム本部長

    1985年日本IBM入社。在職中は銀行の第3次オンラインシステム開発を経験後、IBMがゴールドスポンサーを務めた冬季長野オリンピックや夏季シドニーオリンピックでシステム開発・運用をリードしシステム稼働を成功に導く。2007年に入社したIMSジャパンでは取締役バイスプレジデントとして、社内システムの開発、ITシステム運営、データプロダクションなど、日本チームを統括。CISOおよびCPOとしてセキュリティ・レベル向上に多大な貢献を行う。 FiNCではCIOとして、パーソナルデータをはじめとしたヘルスケアデータを安全に管理するため、堅牢なセキュリティマネジメントシステムの構築に務める。IBMのスキー部時代には神奈川県代表として国体に出場。

  • 南野 充則

    取締役 CTO

    東京大学工学部卒。大学在学中に株式会社MEDICAの設立、並びにCDSystem株式会社の創業。株式会社イトクロより出資を受けソーシャル就活サイト「JOBOOK」を開発する。また東京大学在籍中に「再生エネルギー蓄電池導入シミュレーションの開発&研究」というテーマで国際学会で世界一の座を争い「BESTSTUDENT AWARD」を受賞する。その他にも薬価検索サイト「MEDICA」、大手コンビニチェーンに導入されているOTCレコメンドシステム「ANZOO」、無電化地域向け電力管理アプリなどの開発も手がける。


執行役員

     
  • 小出 誠也

    執行役員 CCO クリエイティブ部長
    兼 ウェルネス事業本部 デジタルマーケティング部 部長

    CGデザイナー、フリーランス、映像ディレクターなどを経験したのち、2012年5月にKLab株式会社にアートディレクターとして入社。業務推進力とマネジメント力が評価され、入社1年でクリエイティブ部長、2014年4月には過去最年少で執行役員に就任。2015年3月にはマーケティング部長を兼任し、複数の部門の組織マネジメントを行うなど、幅広いシーンで活躍。新卒向けのクリエイティブイベントの企画や定期的に学生向けの講演を行うなど未来を担うクリエイター育成にも注力している。FiNCではCCOクリエイティブ部長として組織運営を行いながら、ブランディング、サービスデザイン全般を主導。

  • 中山 理香

    執行役員 人事戦略本部 CHO

    2002年株式会社サイバーエージェントへ入社。新規事業企画や開発を経験。その後、当時のグループ会社である株式会社VOYAGE GROUPへ異動。人事本部長として、新卒・中途採用全般、評価制度のリニューアル、育成制度の企画・運用を担当。ECナビ事業部の事業本部長を経て、同社の戦略事業として立ち上がったスマートフォンアプリ事業のプロデューサーとして参加。2014年1月、楽天グループマーケティング部に入社。マーケティングソリューション室の室長として各広告グループトータルのマーケティング効果の最大化に注力。2015年3月より同部署の副部長・室長を兼務。パワーママプロジェクトが実施した「ワーママオブザイヤー2014」に選出。


社外取締役

  • 秋元 征紘

    元ナイキジャパン社長

  • 御立 尚資

    元ボストン・コンサルティング・グループ日本代表

  • 吉田 行宏

    元ガリバー専務取締役

  • 成松 淳

    元クックパッド最高財務責任者


監査役

  • 松井さん

    松井 繁和

    慶應義塾大学商学部卒業。1974年安宅産業入社、会計課に配属。1977年に伊藤忠商事による吸収合併により伊藤忠商事金属経理部、1985年よりアメリカン・イスズ・モーターズ経理部出向、1991年より本社財務部にて資金調達業務、1997年より米国サンフランシスコにてファイナンスプロジェクトに従事。ファイナンスのプロとして26年の経験を積んだ後2000年より監査部にて内部監査業務を担当。2004年よりディビジョンカンパニーのCFOを担当後60歳で伊藤忠商事を定年退職、2012年よりヤナセにて常務取締役として経営企画、情報システム担当役員として活躍。2015年からはセンチュリーメディカル株式会社の常務取締役管理部門長を務めた。

  • 山田さん

    山田 彰宏

    新潟大学経済学部卒業。1985年に大阪国税局総務部総務課配属。1989年に大蔵省(現財務省)主税局に異動。国際課税の企画・立案、租税条約の締結及び法人税の企画・立案に携わり、近年の国際課税に関する改正、組織再編成・連結納税の改正を行う。2008年に税理士登録。同年にKPMG税理士法人に入社し、M&A/グローバル・ソリューションズのディレクターとして、日系多国籍企業に対するグローバル税務戦略、クロスボーダー組織再編等に係る税務アドバイスを行う。2013年に山田彰宏税理士事務所を開設。日本租税研究協会各種委員。

  • 木原さん

    木原 敏雅

    慶應義塾大学経済学部卒業。1977年鹿島建設入社。大阪支店(現 関西支店)に配属され、1年間の管理部門業務研修の後、2年目の兵庫県相生市での変電所基礎工事の現場事務実務研修を経て、3年目から本社「営業本部」に正式配属、以来30数年に亘り営業活動一筋で現在に至る。1980年代東京湾ウォータフロント開発として注目を浴びた品川区「天王洲アイル開発計画」においてはその初期段階から完成に至るまで継続して業務を担当し、事業者・設計事務所並びに開発に関連する各行政当局等と共にその大規模開発実現に大いに貢献した。以降も鹿島建設の民間重要得意先に対する営業を担当し、オフィス・工場・物流施設・教育施設等各分野での受注活動で数多くの実績を残している。高校・大学・会社関係を通じて培ってきた人脈の広さには定評がある。

  •      

部長・室長

  • 島田 明恵

    CWO インタラクティブコミュニケーション本部付
    兼 インタラクティブコミュニケーション本部 アンバサダー事業部 部長
    兼 インタラクティブコミュニケーション本部 アンバサダー事業部
    アスリートサポート室 室長

    同志社大学卒業後、讀賣テレビ放送株式会社に入社。スポーツや料理番組を中心に幅広くメディア事業に携わる。2001年、LVMHグループに転職し顧客管理や富裕層マーケティング等に従事、営業責任者を歴任する。特に富裕層ビジネスにおいては圧倒的な経験を有する。その後、自動翻訳業界のトップ企業である高電社に転職。自社技術を活用した地域活性事業に参画し、大手代理店とのコンペに常勝するなどプロモーション事業での実績多数。2014年、様々な資格講座を運営するフードディスカバリー株式会社の取締役COOに着任。2016年、FiNCに参画。慶応大学教授との共著論文発表、立教大学兼任講師を務めるなど教育分野での活動も多数。硬式テニスにおいて、大阪府代表として全国大会出場経験多数。

  • 友成 琢

    プロダクト本部 プロダクトディベロプメント部 部長


    中央大学理工学部卒業後、2008年4月より、野村證券のシステム部門にて、野村ホームトレード、持株会システム、メールによる書面の電子交付などのオペレーションやシステム開発など幅広く担当。その他、社内のフロー業務の設計、帳票等の作成や修正なども行う。2011年4月にDeNAへ入社。同社ではソーシャルゲームのディレクター、プロデューサーなどを担当。海外向けタイトルBlood Brothersや戦魂など複数のゲームのディレクターやプロデューサ業務に従事。2015年には、IPタイトルをリリース。

  • 犬飼 敏貴

    CPO 兼 インタラクティブコミュニケーション本部付
    兼 ウェルネス事業本部 FiNCプラットフォーム事業部 部長
    兼 プロダクト本部 プロダクトディベロプメント部付

    ヤフー株式会社に入社。黎明期のアドネットワーク事業に従事し、2008年にはヤフー株式会社と吉本興業の協業新規事業の立ち上げに参画。当時としては先進的なインタラクティブ性のある生配信動画番組の企画・編成を担当する。2010年にグリー株式会社に入社。入社3ヶ月でマネージャー、半年でシニアマネージャーに就任する。釣りスタ、探検ドリランド、聖戦ケルベロス等数多くの内製ソーシャルゲームを担当し、大手版権ゲームの立ち上げや、スマートフォン向けゲームのプロデューサーを担当する。

  • 171020_okamoto-min

    岡本 典子

    CBO 兼 インタラクティブコミュニケーション本部付
    兼 コンテンツ部 部長
    兼 プロモーション部 部長

    青山学院大学国際政治経済学部卒業。三井信託銀行を経てナイキジャパン入社。社長秘書を務めた後、マーケティング部へ異動、女性向けナイキ フィットネス製品のプロモーションを担当。その後、ピアス株式会社ではプロダクトマネージャーを担当し、大手コンビニエンスストア向けの化粧品ラインの開発や販売をリード。更なるビューティビジネスの経験を積むべく、日本ロレアル株式会社に入社。事業部長として、フランス本社と連携しながら総計8つのブランドのマーケティングや組織マネジメントを行なう。

  • 平 泰之

    理事 ウェルネス経営事業本部 ウェルネス経営事業部 部長


    安田信託銀行(現みずほ信託銀行)に入社。同社にて11年、国内年金の国内株式ファンド・マネージャーなどに従事した後、1997年からマーキュリー投資顧問(現ブラックロック・ジャパン株式会社)で12年間勤務。2010年に株式会社データホライゾンに入社し、担当保険者のデータヘルス事業のビジネスパートナーとして首都圏を中心とする東日本の顧客数急拡大を達成。2016年8月、ビジョンとパッションへの共感からFiNCへ入社。データヘルスの実務経験を活かし、法人営業と新規事業開発を担当。高校時代はサッカーにおいて、東京都選抜のFW(フォワード)として活躍。


  •      
  • 吉田 大介

    インタラクティブコミュニケーション本部
    インタラクティブコミュニケーション事業部 部長

    慶應義塾大学商学部卒。シンガポール国立大学・リークアンユー行政大学院Executive Program修了。1997年にリクルートに入社。営業と新規事業を経験後、ソフトバンクで新会社立ち上げと事業責任者を経験。その後、経営コンサルティング大手株式会社ドリームインキュベータでベンチャー投資育成、戦略策定、海外新規事業立ち上げ等を経験。直近では米系大手医療機器・製薬メーカーのアボットにて、医療用レーザー機器事業の日本市場責任者として営業・マーケ・サポートの全機能をリードし事業改革を実施。1998年にリクルートのアメリカンフットボールチームで、DB(ディフェンスバック)として日本一を経験。

  • 寳藏寺 智昭

    総務管理部長

    東京工業大学大学院修士課程修了。米化学品大手デュポンにて、技術開発、営業、マーケティングに従事。経営コンサルティング大手株式会社ドリームインキュベータにて、大手企業の新規事業計画・中長期戦略策定、ベンチャーの経営支援に従事。その後、ソフトバンク株式会社にて、孫正義社長直轄の経営企画室および社長室にてシニアマネージャーとして、経営会議の立ち上げ・運営、経営戦略策定、事業計画策定、事業再生支援、新規事業立ち上げ、後継者育成、中長期ビジョンの策定等の各種プロジェクトの推進に従事。その後、リーダー開発、新規事業支援の事業で起業を経て、FiNCの志に共感し入社。

  •      
  • 若菜 平太

    経営管理本部 法務部 部長

    明治大学法学部卒業。法律事務所、教育事業ベンチャー、上場化学メーカーの法務・知財部門に勤務後、モバイル・スマートフォンアプリを手がける株式会社コロプラに入社。IPO前にジョインし、法務部門の立ち上げに参画。アプリビジネス関連法務や個人情報・位置情報等のプライバシー規制対応、事業提携・海外事業等のアライアンス、知財戦略・管理などに従事。業種や上場・未上場を問わない豊富なビジネス法務経験を積むなど、ビジネス法務のエキスパート。

  • 堤野 匠

    FiNCモール事業部長

    東京大学大学院 工学系研究科修了(機械工学専攻)。経営コンサルティングファームのアクセンチュアにて、戦略グループ/マネジャーとして、主に素材・エネルギー分野のクライアントに対し、営業領域の改革から実行支援まで、システム導入プロジェクトを中心にリード参画。その他、全社戦略立案、新規事業立ち上げ支援、海外販路拡大戦略構築、組織改革支援、基幹システム構築-要件整備、等の幅広い領域のプロジェクトにも携わる。その後、エムスリーキャリアにてビジネスディレクターとして医療機関向けの経営・人事支援のコンサルティング、アウトソーシングサービスの新規事業開発に従事。

  • 弓削 和美

    広報戦略室長

    2003年株式会社タイトーに入社。在籍中はモバイルコンテンツ(ゲーム、着信メロディなど)の販売促進のマネージャーを得て、スクウェア・エニックス・グループの傘下をきっかけにタイトー全社の広報宣伝チーム責任者およびReブランディングを手掛ける。また、スペースインベーダーのブランドマネージャも兼務。2011年4月株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングスに転籍し、社長直轄業務を行いながら広報室を立ち上げ室長を務める。FiNCでは広報戦略室の室長として着任。今後はFiNCをもっと世の中の方に知っていただき、「健康」をサポートできる広報活動を積極的に展開。高校時代には新体操で全国大会3回、国体に2回出場した経験を持つ。

  • 田口 和重

    CRM室 室長

    立教大学 経営管理学博士課程前期課程修了。GEコンシューマーファイナンスに入社し、同社カスタマーセンター設立時よりオペレーター、マネージャーを経験。その後CRMベンダーであるベルシステム24に勤務。同社ではコンサルタントとして、IT、製造業、流通といった業種・業態のカスタマーセンターの立ち上げや業務設計を行う。2013年にグリー株式会社へ入社。同社ではネイティブゲームスタジオの立ち上げに伴い「消滅都市」、「パズクエ」など数多くのカスタマーセンターの立ち上げと業務設計を担当。「消滅都市」は民間調査会社によるゲームアプリ顧客満足度調査にて上位にランキングするなどの実績を持つ。カスタマーサービスのエキスパート。

  • 蟹澤 恵三子

    情報システム本部 BPR室 室長

    東京理科大学理学部卒。ボンド大学経営大学院修了。日本IBMにて、顧客向けシステム構築のプロジェクト・マネジメントおよびアプリケーション・アウトソーシングサービスの立ち上げに従事。IT部門改革、IT資産ポートフォリオ管理、テスティングサービスを展開。アクセンチュアに転職後、製造流通分野のクライアントに対し、テクノロジーコンサルタント/シニアマネージャとしてオフショア開発およびアウトソーシングプロジェクトのPMOに従事。

  • shiraishi

    白石 耕三

    サービスオペレーション室 室長
    兼 ウェルネス事業本部 オンラインワークス事業部
    特定保健指導グループ マネージャー
    兼 オンラインワークスグループ マネージャー

    慶應義塾大学法学部卒業。アウトソーサーであるベルシステム24にて、主に製薬業界のコンタクトセンターのスーパーバイザーとして業務設計・運営、スタッフの採用・教育を担当し、ISO 9001(Quality Management System)に準拠した高品質な業務運営を行う。また、ISO 9001内部監査員として業務の品質向上に務める。特に新規業種の立ち上げを数多く行い、高い標準化スキルから各業種の安定稼働を実現した。その後、グリーにてOne To Oneのお客さま応対を重視したカスタマーエクスペリエンス業務に従事。子会社であるExPlayの分社化に参画し、メールサポートセンターの立ち上げを行った。

  • tsujii-min

    辻井 貢司


    経営戦略本部 経理部 部長

    東京大学工学系研究科修了後、商社の兼松株式会社に入社し、財務・経理・企画など幅広く担当。全社の資金計画・管理やメガバンク・大手生命保険等からの資金調達にはじまり、事業計画の策定・予算管理、国内外のM&A案件サポート、IR業務などに従事。FiNCでは、経理やデットファイナンス・エクイティファイナンスの実務を担当。

  • morita

    森田 哲郎


    経営戦略本部 財務部 部長

    東京工業大学大学院総合理工学研究科修士課程修了。2000年にゴールドマン・サックス証券に新卒で入社、日本株式調査業務(エレクトロニクス、化学)にアナリストとして従事。その後、ドイツ証券投資銀行本部、バークレイズ・キャピタル証券投資銀行本部のヘルスケア業界担当チームにて、クロスボーダーM&A案件及び資金調達業務に従事。直近はEYトランザクション・アドバイザリー・サービスにて国内経営統合案件や東南アジア企業への出資案件等、幅広いM&A業務を担当。2015年にFiNCに参画。

  • 171020_shimpei-min

    加藤 真平

    代表取締役室副室長


    筑波大学大学院システム情報工学研究科修了(エネルギー工学専攻)。ミシュランにて研究開発・設計・数値計算のプロジェクトマネジメントに従事。その後電動バイクのリーディングカンパニー・テラモーターズ株式会社に参画。国内統括として PR戦略・営業・提携交渉を実行し、同社海外展開前の国内営業基盤を構築。その後テラモーターズ・フィリピン現地法人代表として現地に駐在し国際入札プロジェクトへの参加、市場調査、新規販路開拓、生産活動の準備を主導。2014年にFiNCに参画。オンラインワークス事業の立ち上げを経て、代表取締役室・シニアマネジャーとして新規事業立上げやNEC・Panasonicをはじめとする業務提携を担当。

  • kengo

    和田 健吾

    株式会社FiNC Fit (出向)フィットネス事業部 部長


    管理栄養士兼トレーナー。大学在学時にFiNCでインターンを開始し、2013年4月にFiNC1人目の新卒として入社。パーソナルジムFiNC Fit 赤坂店の立ち上げを行ない、管理栄養士としてこれまで200人以上におよぶクライアントのライフスタイルや体質を考慮した栄養指導を実施。その後、サプリメント等のヘルスケア商品開発、法人営業、代表取締役室での組織運営業務、アンバサダーマーケティング室の立ち上げ等々、創業から多岐分野にわたり活躍。現在は、株式会社FiNC Fitのマネジメント業務に従事。

  • issei

    藤原 逸聖

    ウェルネス事業本部 デジタルマーケティング部 副部長


    大学在学中からブランドPRやバイヤーとして活動し、2011年KLab株式会社に入社。スマートフォンアプリ黎明期からアプリマーケティングに携わる。マーケティング事業部を立ち上げ、ユーザー1000万人を超えるヒットアプリや、世界的トップアスリートの起用したマーケティングなど、数多くのアプリのグロースや海外市場への展開に従事。その後、個人で大手企業のデジタルマーケティング支援や、ファッションメディアの開発を行なった後、株式会社Gunosyに入社。プロダクトのサービス開発やデジタルとTVCMを活用したマーケティング業務に従事。

  •       

Engineer

  • 清水 隆之

    Senior Technical Lead Manager in Server
    兼 プロダクト本部 技術開発部 法人開発グループ マネージャー
     兼 QA室室長

    慶応義塾大学経済学部卒。2011年にDeNAに新卒で入社し、複数の海外向けソーシャルゲームの開発・運用を経験。立ち上げから関わった「Blood Brother」は1500万DL、33カ国で売上1位を記録した。リードエンジニアを務め、日中韓のアジア立ち上げも牽引。個人Developerとして英語学習ログアプリ「英語1000時間」やスポーツ動画キュレーションサイト「Topranker.tv」などの企画・開発を行なう。その後、株式会社Groodに参画。オーダーメイド旅行クラウドソーシングサービス「tabikul」を立ち上げ、ディレクション・開発を担当。

  • 小林 尚生

    AI Research Manager

    東京大学工学部卒。東京大学大学院情報理工学系研究科在籍。データアナリスト・エンジニア。大学では宇宙航空研究開発機構(JAXA)との共同プロジェクトの立ち上げに関わり、電気飛行機の省電力制御システムに関する国内初の研究開発に従事。東京大学在学中にCDSystem株式会社創業,OTCレコメンドシステムの設計・開発を手がける。他にも大手調剤薬局チェーンとの共同研究・医療系アプリコンテストApplicare2013準優勝,ヘルスケア分野でのエンジニアリングを得意とする。

  • 南里 勇気

    Technical Lead Manager in Android

    慶應義塾大学経済学部卒。大学在学中から株式会社MEDICAに参画しプログラミングを開始。日本ジェネリック医薬品学会第8回学会学術大会にて後発医薬品の今後について登壇。また同会社にて東京大学、クオール株式会社との共同研究で「保険薬局におけるNM予測法を用いたインフルエンザ薬の需要予測、在庫管理に関する研究」を発表するなど活躍。その後FiNCでインターンを開始。インターン期にはSamurai Shoutにも登壇し、50チームの中から優勝。2015年4月に大学卒業と同時にFiNCに新卒として入社。

  •      
  • 篠塚 史弥

    Technical Lead Manager in Server

    東京大学大学院修士課程修了。大学では大手BtoB通販会社のトランザクションデータの解析を利用したサービスエンジニアリングの研究を行なう。大学院では、総務省との共同プロジェクトであるオープンデータ検証、情報流通連携基板共通APIの作成、高速化の研究を行なう。さらに在学中に株式会社MEDICAとCDSystem株式会社を創業し、薬価検索サイトや電子お薬帳といったBtoCの医療用Webサービスから、予約システム、売上管理システム、クラウド型タイムカードといった業務システムの設計及び開発を手がける。

  •      
  • 高見 浩介

    Technical Lead Manager in Android

    京都大学工学研究科分子工学専攻修士課程修了。2007年、大学在学中に弁理士試験に合格。早稲田セミナーにて学生・社会人を対象とした弁理士講座の講師を務める。2010年に株式会社DeNAに新卒で入社。スマートフォンアプリタイトル「Ninja Royale(日本版:忍者ロワイヤル)」の立ち上げから携わり、リリース後にはリードエンジニアとして、主にサーバーサイドの新規イベントの開発運用を行い売上を牽引する。スマートフォンアプリタイトル「Blood Brothers」では、プロジェクトマネージャーとして海外・日本版の同時並行開発の運用プロセス改善に従事。その後、クライアントエンジニアとして、Unityを利用したアプリタイトル「戦魂」の新規開発・運用に携わる。

  • 鈴木 健二

    Technical Lead Manager in SRE

    東京大学大学院工学系研究科卒。大学院では、未来のエネルギー源として期待される核融合実現に向けた基礎実験を行なう。2010年にDeNAに新卒で入社し、インフラ基盤にて国内最大級のトラフィックを支えるサーバー運用を担当し、数多くのヒットタイトルの運用に携わる。また、海外向けソーシャルゲームのインフラ基盤や国内外のゲーム開発会社に対するシステムコンサル業務の責任者を担当。DeNA退社後は、家族向けコミュニケーションアプリを立ち上げ、CTOとしてモバイルアプリの企画、設計、開発、運用を担当する。

  •  
  • Guy Callaghan

    Technical Lead in Server

    ロンドン インペリアル大学にてコンピューターサイエンスの数学学位取得。卒業後ソフトウェアエンジニアとして1996年より20年間の経験を積み、ソフトウェアシステム開発に着手。当時手掛けたシステムは投資先リサーチのために利用されるようになり、最終的に1兆円規模の予算管理プロジェクトに携わる。他にも、人事用ソフトから金融企業向けのトレーニングソフト、そしてオートモビール企業向けに法人経理用ソフトなど、様々なシステム開発に携わる。


Expert

  • 近藤 隆雄

    オンラインワークス事業部長 兼
    株式会社FiNC Online Works 取締役COO

    早稲田大学卒業/米国アーカンソー大学院修了。在学中からトレーナーとしてのキャリアをスタートし、早稲田大学卒業とともに渡米。AthleticTrainerの国家資格(ATC)を取得し、ニューヨークヤンキースや米大学トップリーグにて、現メジャーリーガーを始め多くのアスリートのリハビリやストレングス指導に従事。帰国後、リクルートに入社し、ポンパレ事業の立ち上げと共に新規事業を担当。売上NO.1ディール記録を幾度も更新し、受賞歴多数。同社では、各プロジェクトリーダーを歴任。フィットネス・ヘルスケア領域の現場経験と専門知識だけでなく、新規事業の立ち上げや事業推進など、ユニークな経歴を持つ。

  • 村上 真

    ライフサイエンス部長

    慶応義塾大学経済学部経済学科卒。1986年に日本興業銀行(現みずほ銀行)入行し1990年より日本株式運用を担当。2008年にブラックロック・ジャパンに入社し、マネージング・ディレクター日本株式運用部長、2013年からはプルデンシャル・インベストメント・ジャパンで株式運用部長を務めた。運用経験からビジネスにおける高パフォーマンス実現にはメンタル面強化が必要と確信し、並行して筑波大学大学院人間総合科学研究科スポーツ健康システム・マネジメント専攻でストレスマネジメントを研究し2014年修士号取得。FiNCの志に共感し2016年入社。ビジネスと学術研究の双方で得た知見の実践化を目指す。

  • 廣澤 忍

    ウェルネス事業本部 FiNC Fit事業部 部長

    フィットネスクラブで7年間のパーソナルトレーナー、スタジオインストラクターとして活動後、2012年に代表の溝口とともにFiNC創業に携わる。お客様のあらゆるお悩みや症状を栄養、運動の両面の見地からサポートすることを得意とし、プロバスケット・プロ野球チームなど、のべ3000人にのぼるトレーニング指導を実施。また、老若男女幅広い層への指導、またグループエクササイズを年間500本以上受け持った経験を持つ。現在は、有楽町本店・赤坂店に所属するパーソナルトレーナーのマネジメントだけでなく、FiNCエヴァンジェリストとして全国に33店舗ある提携店のサポート業務を担当する。

  • Xing Zhang

    経営戦略本部 海外戦略室 副室長
    ライフサイエンス部 データサイエンティスト / Ph.D.

    北京大学(予防医学学士)、清華大学(疫学及び生物統計学修士)、来日後は国立政策研究大学院大学(行政学博士)で学び、医療政策学と医療経済学の分野において豊富な専門知識を持つエキスパート。北京市衛生局在籍時には北京市医師トレーニングプロジェクトを主導、北京オリンピックの医療保障に携わるなど大型プロジェクトでの豊富な経験を有する。FiNCにおいてはその専門性を活かし、中国市場への事業展開戦略、統計分析、科学的エビデンス蓄積などに携わる。

  • 宮崎 亜紀子

    技術開発部 兼 ライフサイエンス部
    データサイエンティスト

    東京大学大学院理学系研究科修士課程(遺伝統計学を専攻)修了。マイクロソフト株式会社(現日本マイクロソフト株式会社)に入社。米国およびインドの開発部門と連携し大手企業の基幹システムの運用と保守、導入プロジェクトの他、Azure/Office365(クラウド)への切り替えと導入を支援し、2012年にマイクロソフト株式会社のグローバルトップアワード(Circle of Excellence Platinum Club)および日本マイクロソフト社長賞(Japan President Award)を受賞。 2014年、株式会社日立コンサルティングにて、豪州の都市開発事業や、医療機器メーカーのデータ利活用による業務改善計画に従事後、2015年3月よりFiNCに参画。FiNCでは遺伝子検査サービスの構築の他、ライフログのデータ分析立案と分析基盤の構築を担当。

  • 藤原 有芳

    インタラクティブコミュニケーション本部
    インタラクティブコミュニケーション事業部
    管理栄養士

    天使大学看護栄養学部で栄養学を学び、管理栄養士資格を取得。大学卒業後は、病床約200床の総合病院をはじめ、老人福祉施設、フィットネスクラブ、エステサロン等で栄養管理や衛生管理、栄養指導、従業員教育の仕事に従事する。現在は、エイジングケアを主とした食生活・美容プログラムや健康食品を大学教授やスポーツトレーナー等の他職種との共同開発に携わる傍ら、エグゼクティブからアスリート、一般の方まで幅広くパーソナル栄養指導を行なう。

  • 兼下 真由子

    ディレクター/ヨガインストラクター

    8才からミュージカル子役として全国36都市を周り、2005年7月日本テレビ『歌スタ!!』にてオーディションを勝ち抜き、株式会社よしもとアール・アンド・シーよりソロメジャーデビュー。ロッテのチョコパイCMソング、ドワンゴCMなど数々のテレビタイアップや生放送番組のメインパーソナリティも多数務める。2008年にMAYUKO MUSIC STUDIOを立ち上げ、ミュージシャン、アイドル等、述べ300人以上の指導に携わる。2016年NYに渡米し全米ヨガアライアンスRYT200/マタニティ85取得。帰国後、日本初のNYスタイルヨガスタジオの設立に携わる。

  • 梶原 侑馬

    ライフサイエンス部/理学療法士

    国際医療福祉大学大学院理学療法学分野修了。理学療法士として総合病院・大学附属病院にてリハビリテーションに関する臨床経験を積む傍ら腰痛や姿勢バランス・筋硬度等の研究に従事。国内外の学会や論文での発表、ミスユニバースのトレーナー経験を持つ。また臨床や研究を通し、治療だけでなく予防の重要性を実感し、東京理科大学発ベンチャーで重労働者等の動作をアシストする人工筋肉を用いたウェアラブルロボットの開発に携わり厚労省や経産省、各県と身体評価や解析を中心とした実証実験等にも取り組む。FiNCのビジョンや取り組みに共感し入社。